葬儀のみかた

貝塚市でお葬式をすると補助金が受け取れます! 詳しく解説

貝塚市でお葬式をすると補助金がもらえます!
貝塚市の葬儀費用の補助金について知っていますか?

お葬式は、高額な出費となります。
そこで、葬儀費用を軽減するための補助金を活用して葬儀費用の負担を軽減することができます。

こちらの記事では、葬儀費用に対する補助金の制度、それを受け取るための条件、申請方法などを詳しく解説します。
こちらの記事で学べること

葬祭費補助金制度とは?

葬祭費補助金制度とは、葬儀を行う家族の経済的負担を軽減することを目的としています。
この制度は、故人が国民健康保険に加入していた場合に適用されます。
葬儀費用の高騰に伴い、遺族が直面する経済的な困難を和らげるために重要な役割を果たしています。

貝塚市でもらえる補助金はいくら?

補助金の額は自治体によって異なり、一般的には50,000円から70,000円の範囲で支給されます。
例えば、東京都の23区内ではほとんどの地域で70,000円が支給されるのに対し、貝塚市では50,000円となっております。

申請は、葬儀または故人の死亡日から2年間となっています。

貝塚市では葬祭費もしくは埋葬料がもらえる

当該故人が会社員やパート、アルバイトなどの雇用形態で働き、社会保険に加入していた場合、その故人の扶養家族(例えば配偶者)は「埋葬料」を申請する資格があり埋葬料は一律で50,000円が支給されます。
(国民保険加入者の場合は埋葬費となります。)

この申請は、故人が加入していた社会保険事務所や故人の勤務先で行うことができます。
申請には、故人の勤務先の証明書や死亡診断書のコピーなどの書類が必要となります。
また、国民健康保険の葬祭費補助金と同様に、この申請の期限は2年間です。

補助金の申請方法

必要書類と申請の流れ

葬祭費補助金を申請するには、いくつかの書類が必要です。
主に、

  • 故人の死亡診断書
  • 葬儀費用の領収書(コピー可)
  • 故人の国民健康保険証
  • 故人の公的身分証明書
  • 故人のマイナンバーが確認できるもの

申請は、故人が加入していた自治体の国民健康保険課や社会保険事務所で行われ、申請後は自治体による審査が行われます。

申請のタイミングと注意点

葬祭費補助金の申請は、葬儀後に行う必要があります。
ただし、あらかじめ自治体に確認を取り、申請の準備をしておくことが推奨されます。
注意点として、葬儀後すぐに申請することが求められる場合があるため、葬儀の計画段階でこの情報を確認することが重要です。

お葬式のご相談はパドマホールまで

大阪府和泉市、貝塚市、和泉中央でお葬式を予定されているのであれば一度パドマホールへご相談ください。葬儀に関する疑問や希望に沿った葬儀プランの提案など、葬儀に関するサポートも行っています。

よく読まれている記事