葬儀のみかた

家族葬って何日かかりる?  気になる流れをと日にちの決め方をご紹介

家族葬とは、その名の通り、故人の家族や親しい親族のみが参列する形式の葬儀です。
この葬儀形態は、故人との静かなお別れを望む家族にとって、プライベートな空間での心のこもった別れを可能にします。
伝統的な葬儀に比べ、よりシンプルで親密な儀式を望む家族に選ばれることが多いです。

こちらの記事では、家族葬を行う際の一般的な日程と、それぞれの日に行われる主な儀式や手続きについて詳しく解説します。
こちらの記事で学べること

家族葬の一般的な流れ

家族葬の日程は、一般的には逝去から火葬までの日数が短く設定されることが多いです。
まずは家族葬の一般的な日数の範囲と、一般葬との日程の違いについての解説していきます。

家族葬の一般的な日数の範囲

  • 家族葬は通常、故人の逝去後2日から3日以内に行われることが多いです。
  • 最初の日は故人の逝去と葬儀社への連絡、遺体の安置に関する手続きに充てられます。
  • 二日目は通常、お通夜や最終の準備が行われ、三日目に告別式と火葬が行われます。

一般葬との日程の違い

  • 一般葬では、通夜と告別式を2日間かけて行うのが一般的です。
    これに対し、家族葬ではこれらの儀式を短縮し、1日または2日で完結させることが多いです。
  • 一般葬は、参列者の数が多いため、準備と手続きにより多くの時間が必要になります。
    家族葬は参列者が限られているため、より迅速に進行できる傾向があります。
  • 一般葬では、遠方からの参列者を考慮して、週末を中心に日程が組まれることがあります。
    しかし、家族葬では参列者が限られているため、より柔軟に日程を設定することが可能です。

家族葬の日程は、家族や親族の都合に合わせて柔軟に調整され、故人との個人的な別れを重視する形式です。
それに対し、一般葬はより多くの人々が参加するため、日程の設定には様々な配慮が必要となります。

家族葬は、その規模と性質から、一般葬に比べてより短期間で行うことが多いのが特徴です。

家族葬の1日の主な流れ

家族葬の日程は一般的に短く、その流れは簡潔でありながらも故人との最後の別れに重点を置いています。
以下に家族葬の各日の主な流れを説明します。

初日:逝去と準備

逝去の確認

故人の逝去が確認され、死亡診断書が医師から発行されます。

葬儀社への連絡

葬儀の手配のために葬儀社に連絡し、初期の準備を開始します。

遺体の安置

故人の遺体を自宅または葬儀社の安置施設へ搬送します。

親族への通知

故人の逝去を親族に知らせ、家族葬の日程を共有します。

二日目:お通夜

最終の準備

お通夜のための準備、会場の設営、必要な儀式用品の準備を行います。

お通夜の実施

親族が集まり、故人を偲びながら読経や祈りを捧げます。

夜の守り

一部の家族葬では、故人と一夜を共に過ごすための「夜の守り」が行われることもあります。

三日目:告別式と火葬

告別式

故人との最後のお別れの時間を持ち、家族や親族が故人に最終の敬意を表します。

火葬

告別式後、故人の遺体を火葬場へ搬送し、火葬が行われます。

骨上げ

火葬後、遺骨を収集し、家族が選んだ方法で遺骨を納めます。

火葬後の手続き

法的手続き

死亡届の提出や戸籍の変更などの手続きが行われます。

遺産相続

故人の財産に関する手続きを進めます。

家族葬はその規模から一般葬に比べて迅速に行うことができ、家族が中心となって故人との静かなお別れを行うことができます。
※各家庭の状況や故人の意向、宗教的な要素によって、細部の流れは異なることがあります。

家族葬をする時の日程の決め方

家族葬の日程設定に影響する要因は、複数の点を考慮する必要があります。

葬儀社の予約状況

葬儀社との相談を通じて、会場や日程、家族葬の形式などが決定されます。
葬儀の規模や質は主に予算から逆算されることが多く、必要なオプションを選択することで費用の節約につながります​​。

火葬場の予約状況と「友引」の影響

火葬場は混雑している場合があり、希望日に予約が取れないこともあります。
特に「友引」の日は火葬場が定休日となるケースが多く、これを考慮して日程を決定する必要があります​​。

僧侶の都合に合わせる

菩提寺がある場合、その僧侶に読経を依頼することになりますが、僧侶の予定が合わない場合は、他の僧侶を紹介してもらうこともあります​​。

家族や親族の都合に合わせる

家族葬は親族や親しい友人が出席する葬儀であるため、彼らの都合を早めに確認し、可能な限り都合が良い日に設定します。特に遠方に住んでいる親族には移動時間も考慮して早めに連絡を入れることが重要です​​。

これらの要因を考慮し、家族葬の日程を決定する際には葬儀社、火葬場、僧侶、そして家族や親族の都合を総合的に調整することが必要です。これにより、故人との最後のお別れを適切に行うことができます。

まとめ

家族葬をすると決まった場合は、おおよそ3〜4日がかかる想定をして日程を決定してください。
また、その上で葬儀社の予約状況​​、火葬場の空き状況と「友引」の影響​​、僧侶のスケジュール、そして家族や親族の都合をバランス良く調整することが求められます。
また、家族葬は比較的自由な形式で行うことが可能であり、家族や親しい人々だけで故人を送り出すプライベートな空間を提供します。

家族葬の計画と実施には、葬儀社や関連する専門家との密接な連携が不可欠です。
適切な準備と調整を通じて、故人に相応しい尊厳ある最後の送り出しを行うことが、家族にとっても故人にとっても最善の選択となるでしょう。

お葬式のご相談はパドマホールまで

大阪府和泉市、貝塚市、和泉中央でお葬式を予定されているのであれば一度パドマホールへご相談ください。葬儀に関する疑問や希望に沿った葬儀プランの提案など、葬儀に関するサポートも行っています。

よく読まれている記事