葬儀のみかた

家族葬でつけるべきオプションとは? 5つの人気オプションをご紹介

家族葬は、近年、そのシンプルさと親密さで多くの人々に選ばれています。
その中でも故人を偲ぶための多くのオプションがあり、葬儀の個性や希望に応じてカスタマイズすることが可能です。

こちらの記事では、家族葬の基本概念から、人気のオプション、プランの例などを詳しく解説します。
こちらの記事で学べること

家族葬とは?

家族葬は、故人と親しい家族や友人のみで行われる小規模な葬儀です。
一般葬と比較して、参加者の人数が限られており、より親密で個人的な雰囲気が特徴的です。
この葬儀形式は、故人の遺志や遺族の希望に応じて、さまざまな方法で行うことができます。

家族葬の特徴

小規模で親密な儀式

家族葬は通常、家族や親しい友人のみが参列するため、一般葬に比べ規模が小さく、親密な雰囲気があります。

個人化されたサービス

家族葬では、故人の個性や遺族の希望に合わせて、より個人化されたサービスが可能です。
これには、特定の宗教的儀式の選択や、故人にちなんだ特別な演出を含めることも含まれます。

費用の抑制

少人数で行うため、一般葬に比べて費用を抑えることが可能です。
これは経済的な負担を減らすことにも繋がります。

柔軟性

家族葬は場所や時間に関しても柔軟性があり、遺族の都合に合わせやすいのが特徴です。

プライバシーの尊重

家族葬は、故人との個人的な関係を重視することから、プライバシーが守られる傾向にあります。

家族葬の普及理由

家族葬が選ばれる理由の一つに、社会の変化があります。高齢化社会の進行、核家族化の増加、葬儀に対する価値観の変化などが挙げられます。
これらの変化は、葬儀の形態にも影響を与えており、個人や家族のニーズに合わせた家族葬が選ばれる傾向にあります。

このように、家族葬は故人との個人的な関係を大切にし、遺族のニーズや希望に応じた形で行うことができるため、近年ますます選ばれるようになっています。

家族葬で人気のあるオプション

家族葬で人気のあるオプションを紹介します。
これらのオプションは、葬儀をより個人的で記憶に残るものにするために選ばれます。

生花祭壇

生花祭壇は、葬儀やお別れの儀式で使用される、生の花々で装飾された祭壇です。
これは、故人に対する敬意と追悼の気持ちを表現するために設けられます。生花祭壇の特徴は、自然な美しさと生きた花の持つ象徴的な意味合いにあります。

故人のイメージを表現できる

花々は、生命の短さと美しさを象徴し、人生のはかなさと美を同時に表現します。
異なる種類の花はそれぞれに特別な意味を持ち、故人の性格や人生を反映することができます。

故人や遺族の意志で好きに決めれる

生花祭壇は、故人の好みや家族の希望に応じてカスタマイズできます。
特定の花を使うことで、故人の記憶を呼び起こしたり、特別なメッセージを伝えたりすることが可能です。

癒やしの効果や美しさ、尊厳

生の花から放たれる自然な香りと美しさは、参列者に癒やしをもたらし、悲しみの中にも穏やかさを与えます。

生花祭壇は、故人の記憶を尊重し、遺族と参列者に対して慰めと美しさを提供する重要な役割を担います。
葬儀の際には、生花祭壇が心に残る、敬意を表す方法の一つとして選ばれることが多いです

湯灌

湯灌(ゆかん)は、日本の葬儀の伝統的な儀式の一つで、故人の身体を清めてから棺に納める準備を行う過程です。この儀式は、故人の尊厳を保ち、あの世へ旅立つための身支度を整えるという深い意味を持っています。
どのような内容かを簡単にご説明します。

清浄化の行為

故人の身体は、お湯や清めの布を使って優しく洗浄されます。
身体を清めるだけでなく、故人の魂も浄化するという意味があります。

着衣と納棺

清めた後、故人は白装束やその他の適切な衣服に着替えさせられ、最終的に棺に安置されます。

湯灌師による専門の技術

湯灌は通常、専門の湯灌師によって行われます。
彼らは適切な技術と敬意を持って、この儀式を執り行います。

遺族も参加できる

伝統的には、家族がこの儀式に参加することもあり、故人への最後の別れを表す行為となります。

詳しくはコチラの記事でご紹介しています。
https://www.padoma.co.jp/study/6389/

返礼品

返礼品は、葬儀や法要に参列してくれた人々への感謝の印として配られる品物です。
日本の葬儀の伝統では、故人やその家族が参列者に対して感謝の気持ちを表すために、このような品を用意するのが一般的です。

種類

返礼品には様々な種類があり、一般的にはタオル、ハンカチ、お線香、お菓子などが選ばれます。
これらは、故人やその家族からの心遣いを表すものです​​​​。

返礼品の選び方

返礼品を選ぶ際には、故人やその家族の意向、参列者との関係、文化的な背景などを考慮することが重要です。
予算に合わせて選ぶことも大切ですが、何よりも故人と参列者への敬意を表すものであるべきです。

文化的な意味合い

日本の葬儀文化では、返礼品を通じて故人と参列者との関係を称え、感謝の気持ちを伝えることに深い意味があります。

返礼品は、故人とその家族からの最後のお礼として、日本の葬儀文化において重要な役割を果たしています。選ぶ際には、故人を偲ぶ心と参列者への感謝を忘れずに行うことが肝心です。

特別な車両

特別な車両は、家族葬などの葬儀の際に使用される車で、故人を搬送するために用意されます。これらの車両は、故人を最終的な安置場所まで運ぶための重要な役割を果たします。

霊柩車(れいきゅうしゃ)

故人を葬儀場や火葬場まで運ぶために特別に設計された車両です。
霊柩車は一般的に黒色で、故人の棺を運ぶための特別な装置が備わっています。

寝台車

故人を自宅や病院から葬儀場へ搬送するために使われる車両で、内部が特別に整備されています。
寝台車は、遺体を安全かつ尊重を持って運ぶために利用されます​​。

特別な車両の使用目的

故人の運搬: 故人を適切かつ尊厳を持って最終的な安置場所まで運ぶために使用されます。

葬儀の進行

葬儀プロセスの一環として、霊柩車や寝台車は故人の搬送をスムーズに行うために重要です。

重要性

特別な車両の使用は、故人への最後の敬意として非常に重要です。
これらの車両は、故人とその家族にとって葬儀の重要な部分を形成し、適切な敬意をもって故人を送り出すために不可欠です。
車両の選択は、葬儀のスタイルや家族の希望によって異なりますが、その選択には故人への尊重が反映されるべきです。

遺影写真セット

遺影写真セットは、葬儀で使用される故人の写真と関連アイテムの組み合わせです。
このセットは、故人を偲ぶための重要な要素であり、葬儀や追悼式の際に祭壇や記念の場所に飾られます。

遺影写真

故人の写真は葬儀の中心的な要素であり、故人を思い出すための主要な方法です。
通常、故人が生前に撮影した写真が選ばれ、プロの写真家によって適切に修正や加工が施されることもあります。

写真フレーム

遺影写真は、適切なフレームに入れられて展示されます。フレームの種類やデザインは、故人の個性や遺族の好みに応じて選ばれることが一般的です。

サイズのバリエーション

大きいサイズの写真は祭壇に、小さいサイズの写真は家族が持ち帰り、家庭の祭壇に飾ることができます​​​​。

遺影写真は、葬儀や追悼の際に故人を偲ぶための最も直接的な方法の一つです。
葬儀や追悼式の祭壇では、遺影写真が中心となり、参列者の注目を集めます。
また、葬儀後も小さな写真が家族にとって故人を思い出す大切な記念品となります。

遺影写真セットの準備は、葬儀を計画する際に重要な要素の一つです。故人の写真を選び、適切に加工し、尊重を持って展示することは、故人への敬意を表すために不可欠です。

まとめ

家族葬は、葬儀会社によってサービス内容が異なりますので、まずは基本料金でどのようなサービスがついているかを確認しましょう。
本当に費用をかけず簡素な家族葬であれば10万ほどで依頼することもできますが、故人を最期に見送る機会として少しだけ華やかに送り出したいという方が多く、相場では20〜30万になるのが一般的です。

他にも様々なオプションがありますので色々調べてみてはいかがでしょうか。

お葬式のご相談はパドマホールまで

大阪府和泉市、貝塚市、和泉中央でお葬式を予定されているのであれば一度パドマホールへご相談ください。葬儀に関する疑問や希望に沿った葬儀プランの提案など、葬儀に関するサポートも行っています。

よく読まれている記事