葬儀のみかた

身内へお香典って必要? 実は高額になるケースも。渡す場合の金額の相場などをご紹介

身内へお香典って必要? 金額の相場はいくら?
身内へのお香典は必要ですか?身内へのお香典の相場はいくらが良いかを解説いたします。
自分の親しい方が亡くなった際に葬儀に参列したりお香典を包みます。
一方、両親や兄弟など自分の身内が亡くなった場合はお香典を包む必要があるのか?疑問に思う方も多いです。
もしお香典を包む場合も相場が良くわからないなど、身内に対するお香典のマナーがわかっていると安心ですね。

今回は身内へのお香典に関する解説をしていきます。
こちらの記事で学べること

そもそも身内に香典を渡す必要があるのか?

自分の身内の葬儀になり、遺族側の立場になるのでお香典を渡すのはどうなのだろう?と思うかもしれませんが、身内であってもお香典は包んでお渡しするのが一般的です。
お香典は弔意を表すだけでなく、日ごろ親しかった身内への感謝の意味も込めてお渡ししてください。

ある程度自分に近い存在の身内になるほど相場的にお香典の額は高くなることが分かったと思いますが、もし日頃から親しくさせてもらっていたという方に対しては感謝の気持ちを込めて相応の金額をお包みすると良いでしょう。

ただ、あまりにも相場よりはるか上の金額をお包みするのは避けた方が良いです。
ご遺族側から後日、「お香典返し」を贈る際にご遺族側も困惑する可能性もありますし、後々お香典の金額をめぐってトラブルになる可能性もありますのでご注意ください。

近い身内になるほどお香典の金額相場は高くなる

近い身内になるほど金額相場が高くなるという点を覚えておいてください。
遠い親戚など遠い親等になるほど相場は低くなっていきます。
自分だけでなく義理の両親など配偶者の親族が亡くなったときも自分の家族と同じ相場になります。

両親・配偶者の両親へのお香典

自分にとって一番身近な身内となるのがご両親です。
自分が喪主ではない状況で他兄弟が喪主をつとめる両親、配偶者の両親の葬儀の場合は自分の年齢に応じて金額相場が変わります。

20代3万円~10万円程度
30代5万円~10万円程度
40代以上10万円程度

最大でも10万円程度となります。

祖父母・配偶者の祖父母へのお香典

祖父母の存在、そしてアドバイスが励みになった、など生前にお世話になったという方も多いのではないでしょうか。
自分の祖父母、配偶者の祖父母では自分の年齢に応じて金額相場が変わります。

20代1万円程度
30代1万円~3万円程度
40代以上3万円~5万円程度

 

兄弟姉妹・配偶者の兄弟姉妹へのお香典

ご両親の次に近い身内となるのが兄弟姉妹です。
自分の兄弟姉妹だけでなく配偶者の兄弟姉妹でも同様の金額になります。
お香典を渡す側の年齢に応じて金額相場が変わります。

20代3万円~5万円程度
30代5万円程度
40代以上5万円程度

 

おじやおばへのお香典

近い親戚にあたる自分のおじやおば、もしくは配偶者のおじやおばでも自分の年齢に応じて金額相場が変わります。

20代1万円程度
30代1万円~2万円程度
40代以上1万円~3万円程度

 

その他親戚にあたる方へのお香典

先述の身内の方以外でいとこなどの親戚にあたる方の場合は以下のお香典金額が相場になりますので参考にしてください。

20代3千円~1万円程度
30代3千円~2万円程度
40代以上3千円~3万円程度

 

身内の葬儀でも香典を渡す必要がないケース

身内へのお香典は包んだ方が良いということがわかりましたが、お香典を包まないで良いケースが2つあります。

自分の親の葬儀で自分が喪主だった場合

自分の親が亡くなり、自分が喪主だった場合はお香典を包む必要はありません。
同居していない親の葬儀で、長男などの立場などで自分が喪主だった場合でも同じになります。
自分が喪主ではない場合でも、もし親と同居していた場合は同様にお香典を渡す必要がないという考えが一般的です。
自分の親が亡くなり喪主になっている、もしくは同居していたかどうかでご判断ください。

お香典を辞退している身内がいた場合

もう一つ、お香典を包む必要がないケースとして、故人の意向や喪主の意向によりお香典を辞退されている場合はお香典をお渡ししなくても良いです。
お香典を辞退しているお知らせは葬儀の案内状や故人の家に貼られる忌中に記載されている場合がありますので、両方とも確認した方が良いでしょう。
お香典を辞退している時は、当然ですが香典返しも届きません。

お香典を包む際に覚えておきたい常識とマナー

お香典に関しては包むかどうか、金額以外にも覚えておきたいマナーがあります。
事前にマナーを覚えておくと、突然必要になった際にも慌てずに対応できます。

新札は避けて包む

通常、結婚式などの慶事のご祝儀で包むお金は新札というマナーがありますが、香典など弔事の場合は新札は避けた方が良いというのがマナーです。
理由として新札をあらかじめ用意する=事前に人の不幸(亡くなる)を予期して準備していたと思われる可能性もあります。
人の不幸は突然起きますので、お香典は新札を避けて包みましょう。

金額的に避けるべき数字

お香典の金額では2,4,6といった偶数の数字になる金額は避けてください。
偶数は重なるイメージが強いため、不幸が重ならないように奇数数字の金額を準備してください。
他にも4や9は死ぬ、苦しむをイメージしやすい数字なので避けます。
まず金額的にはありえませんが、14や19も忌み数字となりますので避けましょう。

お香典袋に使用する筆記具

お香典に「ご霊前」「ご佛前」と記載する際に筆書きを使用しますが、薄墨を使用します。
涙で墨が薄れているという意味合いの他、突然の悲しみで墨を十分に準備できていないという意味合いがあります。
表書きは薄墨を使用しますが、一方、住所や金額を記載する場合は、はっきりと記載が分かった方が良いという理由から通常の筆ペンやボールペン、万年筆などの使用でも問題ないとされています。

お香典袋の選び方

お香典袋は多数種類がありますが、香典にふさわしい水引は結び切り、もしくはあわび結び(結び切りと同じ意味合い)を使用した袋を使用してください。
結び切りは一度結んだら弔事をくり返さない、これ以上不幸が続かないという意味合いも含まれています。
お香典袋は包む金額によって選び方も変わってきます。

・3千円程度 
水引が印刷された香典袋を使用します

・5千円程度
印刷された封筒でも構いませんがある程度上質な香典袋を選びます

・1万円以上の場合
帯紐による装飾でもある水引がついた袋を選びます

・3万円以上の場合
金封の香典袋を選びます

まとめ

身内が亡くなられた際のお香典は同居していた親が亡くなった場合は自分が喪主、お香典の自体がない限りは包むようにしましょう。
お香典として包む金額は近い身内になるにつれて高くなる傾向があります。
身内が亡くなった際のお香典を包む額など、お香典に関するマナーを覚えておくと突然の事があっても慌てずに対応できるようになります。

お葬式のご相談はパドマホールまで

大阪府和泉市、貝塚市、和泉中央でお葬式を予定されているのであれば一度パドマホールへご相談ください。葬儀に関する疑問や希望に沿った葬儀プランの提案など、葬儀に関するサポートも行っています。

よく読まれている記事