葬儀のみかた

家族葬や一般葬のお葬式オプションである「湯灌(ゆかん)」とは? 

「湯灌(ゆかん)」とは? 費用や読み方、内容をご紹介
日本のお葬式は、故人を送り出し、故人の魂を安らかにさせるためのさまざまな儀式が行われる場です。
中でも「湯灌(ゆかん)」は、特別な意味を持つ儀式の一つで、故人の体を清め魂を浄化することを目的とした重要な儀式です。
そんな湯灌は、お葬式において一般葬や家族葬を依頼する際にオプションとして利用できる料金プランがあります。

この記事では、湯灌がどのような儀式であり、どのような意味を持ち、具体的にどのような手順で行われるのかを詳しくご説明します。
お葬式のオプションで「湯灌」をつけるか迷われている方はご参照ください。
こちらの記事で学べること

湯灌とは? いつから行われているのか

湯灌(ゆかん)は、日本の葬儀において行われる、故人の身体を清める儀式の一つです。
主に仏教の葬儀で実施されるこの儀式は、故人の魂を穢れ(けがれ)から解放し浄化すると言われており、故人の死後の旅がスムーズに進むよう心掛けられる重要な部分でもあります。

湯灌の始まり

湯灌の儀式の始まりは、古代インドの仏教の影響を強く受けています。
仏教が日本に伝わった際、多くの仏教的な儀式や概念が日本の文化や宗教に取り入れられました。
湯灌もその一つで、死者の魂を浄化し、次の世界へと送り出すための儀式として広まりました。
インドの仏教では、身体の清浄さは精神の清浄さと深く結びついており、死後の儀式でもこの考えが反映されています。
死者の身体を水で清めることで、その魂も浄化されるとされています。この思想が中国を経由して日本に伝わり、日本独自の湯灌の儀式が形成されました。
日本では、湯灌が特に重要視されるようになったのは、仏教が国内で広まり始めた飛鳥時代から奈良時代にかけてです。
それ以前の日本の葬儀はシンプルであったものの、仏教の影響を受けて、湯灌のような様々な儀式が取り入れられるようになりました。

そして、時代とともに、湯灌は日本の葬儀の伝統的な一部として定着していきました。

湯灌とは何が行われるのか?

湯灌とは何が行われるのか?

それでは、具体的にどのようなことが行われるのかについて説明します。

準備

  • 用具の準備
    湯灌用の道具としては、大きな湯桶、手桶、タオル、蓮の葉や木の葉、清水や温かいお湯などが必要です。
  • 場所の準備
    湯灌は故人の自宅、病院、葬儀ホールなど、さまざまな場所で行われます。
    場所は清潔に保たれている必要があります。

湯灌の実施

  • 身体の洗浄
    故人の遺体をやさしく洗い清めます。
    特に口や鼻、手や足といった部位は丁寧に洗われます。
  • 蓮の葉の使用
    蓮の葉や木の葉は、お湯を故人の身体にかける際に使用されます。
    これは仏教の伝統に基づいており、蓮の葉は浄化の象徴とされています。

祈りの言葉

  • 読経
    湯灌の儀式中には、仏教の経典が読まれることがよくあります。
    これは故人の魂を安らかに送り、浄化するためです。

湯灌後の手順

  • 身体の拭き取り
     洗浄が終わった後、故人の身体は丁寧に拭き取られ、清潔な衣服が着せられます。
  • 遺体の安置
    故人の遺体は棺に安置され、葬儀が行われるまでの間、適切に保管されます。

湯灌は、故人を敬い、その魂を浄化し尊重するための重要な儀式です。
この儀式を通じて、遺族や参列者は故人との最後のお別れの時間を過ごし、故人の魂が安らかにあの世へと旅立つのを見守ります。

湯灌を希望する人の特徴

湯灌を希望する人々は、多様な背景や価値観を持っていますが、以下の特徴がある人々が湯灌を希望されることが多いです。

  • 日本の仏教の風習や教えに共感し、それを生活の中で実践している人々
  • 日本の伝統や慣習を重んじ、守りたいと考えている人々。
  • 亡くなった人を敬う方法として、伝統的な方法を選びたいと考える人々。
  • 故人に最大限の敬意を示し、きちんと送りたいと願っている人々。
  • 故人の魂が安らかになるよう、心から願っている人々。
  • 故人の魂の穏やかな旅立ちを願い、精神的な浄化を重視する人々。
  • 遺族自身の心の平穏と故人への別れを穏やかに受け入れる手助けとして、湯灌の儀式を希望する人々。
  • 地域社会やコミュニティの習慣や慣習を尊重し、それに従いたいと考える人々。
  • 家族や親族の間で湯灌が一般的な場合、または特定の家族が希望する場合。

湯灌にかかる費用の相場

湯灌にかかる費用の相場は、さまざまな要因に影響されますが、一般的な目安として以下のようになります。

一般的な費用

  • 湯灌専用のセット(桶、手桶、蓮の葉などを含む)
    購入する場合:10,000円~50,000円
    レンタルする場合:5,000円~20,000円

  • 僧侶へのお布施
    10,000円~50,000円(地域や宗派により異なる)

  • 葬儀ホールでの湯灌
    使用料含む:場所や施設により異なるが、数万円から十数万円

  • その他
    交通費、花飾り、仏具など:数千円~数万円

注意点

  • 見積もりの取得
    複数の葬儀社から見積もりを取得し、詳細な内訳を確認する。
  • 料金体系の確認
    どの費用が含まれているのか、追加で何が必要なのかを確認する。
  • 予算の設定
    予算に合わせて、必要なサービスを選ぶ。

湯灌の費用は、自身の希望や予算、宗教的な要件に応じて調整することが可能です。
具体的な費用は、葬儀社や僧侶との相談を通じて、より詳細に把握することができます。

お葬式のご相談はパドマホールまで

大阪府和泉市、貝塚市、和泉中央でお葬式を予定されているのであれば一度パドマホールへご相談ください。葬儀に関する疑問や希望に沿った葬儀プランの提案など、葬儀に関するサポートも行っています。

よく読まれている記事