葬儀のみかた

家族葬にも利用できる弔電(ちょうでん)一般的なマナーと書き方のポイント

弔電(ちょうでん)の マナーと書き方のポイント
家族葬が増えている今、弔電(ちょうでん)を利用される方が多くなっています。
弔電とは訃報を受け取った際の迅速な哀悼の意を伝えるための電報で、故人や遺族に対する気持ちを簡潔に伝える手段として日本の社会では伝統的に利用されています。

ここでは、弔電の一般的なマナーと書き方のポイントについて詳しく解説します。
こちらの記事で学べること

家族葬とは?その特徴を理解しよう

家族葬は近年、多くの人々に選ばれるようになった葬儀スタイルです。
しかし、家族葬の真の意味や特徴を正確に知らない方も少なくありません。
まずは、家族葬の基本的な概念や特徴について解説します。

家族葬の定義

家族葬は、文字通り「家族だけの葬儀」という意味が込められています。
他にも、「家族や親しい人のみを招待する小規模な葬儀」「一般の弔問客を招待しない、静かで個人的な葬儀」「コストを抑えたい、または故人の意向で家族だけの葬儀」のことを指す場合もあります。

家族葬のメリット・デメリット

家族葬はその特徴から、様々なメリットやデメリットが考えられます。

メリット

  • 費用が抑えられることが多い
  • 故人との思い出を家族だけで静かに振り返ることができる
  • 故人の意向や家族の状況に合わせやすい
  • 準備や進行がシンプルで、精神的な負担が軽減される可能性がある

デメリット

  • 外部の人々との繋がりや社会的な位置づけが少なくなる可能性がある
  • 弔問客からの香典が少なくなる可能性がある
  • 一部の人々から「公に葬儀を行わない」という理由で誤解を受ける可能性がある

家族葬を選択する際は、これらのメリットやデメリットを十分に考慮して、故人や家族の意向を大切にした形で進めることが大切です。

弔電とは?

弔電(ちょうでん)は、死亡時や葬儀時に遠方からの参列が難しい場合や、何らかの理由で葬儀に参列できない場合に、故人や家族に対して哀悼の意を示すために送る電報のことを指します。
日本においては、死亡や葬儀を知った際のマナーとして、適切な言葉を添えて送ることが一般的となっています。

弔電の歴史と背景

日本における電報の歴史は古く、明治時代から存在しています。以前は通信手段が限られていたため、遠方の人々への緊急の情報伝達や、大切なメッセージを伝えるために電報が利用されていました。
その中でも、死亡や葬儀の際に遠方の親族や知人に迅速にその情報を伝える手段として、弔電が利用されるようになりました。

現代における弔電の役割

インターネットが普及し通信手段が多様化した現代でも、弔電はその正式性や伝統から、葬儀や法要に参列できない際の哀悼の意を伝えるための手段として重要な位置を占めています。
特に、家族葬などの規模が小さい葬儀の場合、多くの人々が弔電を送ることで、遠方からも故人や家族への思いや慰めの言葉を伝えることができます。

家族葬に弔電を送る際のマナーや常識

弔電を送る際には、故人やその家族への配慮と尊重の気持ちが求められます。
適切な言葉選びやタイミングが重要となりますので、以下のマナーや常識を心がけることが大切です。

送るタイミング:

葬儀や告別式の前に、弔電が家族の元に届くように送ることが一般的です。
そのため、葬儀の日程を知ったらできるだけ早く送りましょう。

適切な文面の選び方

弔電の文面は簡潔であるべきですが、心のこもった言葉を選びましょう。
「心よりお悔やみ申し上げます」や「謹んで哀悼の意を表します」など、一般的に使われる表現を選ぶことが無難です。
身近な友人や親しい関係の場合、個人的なエピソードなどメッセージを添えるのも良いでしょう。

送る相手の名前の正確性

受取人(故人の家族など)の名前を正確に記載することは基本中の基本です。
間違った情報を送ることは、遺族に大変失礼になってしまうので注意が必要です。

差出人の表記

差出人の名前はフルネームで明記しましょう。
また、関係のわかる学校名や会社名などを添えることで、家族が差出人を特定しやすくなります。

オンラインサービスの利用

現代では、オンラインで弔電を手配するサービスも増えています。
これを利用することで、迅速に手配や送信が可能となります。
ただし、利用するサービスが信頼性のあるものであるかを確認しましょう。

家族葬の弔電の書き方やポイント

弔電は、故人やその家族に対する哀悼の意を伝えるための非常に重要なコミュニケーション手段です。
そのため、適切な言葉選びや表現が求められます。
以下、弔電の書き方におけるポイントを詳しく解説します。

はじめの挨拶と結びの言葉

弔電を書く際、冒頭の挨拶や結びの言葉は、故人やその家族への心からの敬意と哀悼の意を示す大切な部分です。
適切な挨拶と結びの言葉を選ぶことで、感謝や慰めの気持ちをより伝えやすくなります。

はじめの挨拶

冒頭の挨拶は、弔電のトーンを決定付ける重要な部分です。以下は、一般的に用いられる挨拶の例です。

  • 「謹んで訃報を受け止めました。」
  • 「突然の訃報に心から驚いております。」
  • 「深い悲しみの中、お悔やみを申し上げます。」

結びの言葉

結びの言葉は、弔電の締めくくりとして、再び哀悼の意を強調する役割があります。
以下は、結びの言葉の一例です。

  • 「心よりお悔やみ申し上げます。」
  • 「謹んで哀悼の意を表します。」
  • 「故人のご冥福をお祈り申し上げます。」

メイン部分

弔電のメイン部分には、故人への哀悼の意や家族への慰めの言葉を具体的に記載します。
この部分が弔電の主要なメッセージとなるため、心のこもった言葉を選ぶことが重要です。

故人への尊敬の念

故人に対して、その生涯や業績、一緒に過ごした思い出などに対する尊敬や感謝の気持ちを示す言葉を記載します。

  • 「故人との貴重な時間や思い出を永遠に忘れません。」
  • 「彼の偉大な業績や人柄に深く感謝しております。」

家族への慰めの言葉:

故人の家族に対して、その喪失の痛みや悲しみに共感する気持ちを伝える言葉を中心に書きます。

  • 「この度の突然の訃報に、心からお悔やみ申し上げます。」
  • 「言葉では表現しきれない深い悲しみを感じております。」

故人との関係性の強調

故人との関係や共に過ごしたエピソードを簡潔に触れることで、弔電のメッセージに深みや温かさを持たせることができます。

  • 「学生時代を共に過ごした仲間として、彼の死を深く悼んでおります。」
  • 「共同のプロジェクトでの彼の情熱や努力は、私たち全員に大きな影響を与えました。」

故人の特性や業績の称賛

故人の個性や生涯の成果、影響を簡潔に称賛することで、その存在の価値を強調します。

  • 「彼の明るさや前向きな姿勢は、私たちみんなを常に元気づけてくれました。」
  • 「彼の研究や業績は、この分野に多大な貢献をもたらしました。」

書き出しと締めの例文

弔電を送る際、書き出しと締めの部分は特に重要です。
これらの部分で、故人や家族への哀悼の意や慰めの気持ちを簡潔かつ効果的に伝えることが求められます。
以下、書き出しと締めの部分の例文をいくつかご紹介します。

弔電に使えるテンプレート・例文

テンプレート1

謹んで訃報を受け止めました。
故人の生涯を深く偲び、心よりお悔やみ申し上げます。
故人のご冥福を心からお祈りいたします。

テンプレート2

突然の訃報に心から驚いております。
個人との思い出が胸を締め付けます。
心よりご冥福をお祈り申し上げます。

テンプレート3

深い悲しみの中、訃報を知りました。
個人の温かい笑顔や優しさをいつまでも忘れません。
謹んで哀悼の意を表します。

テンプレート4

言葉では表現しきれないほどの悲しみを覚えております。
故人の業績や貢献を深く尊敬し、心から哀悼の意を示します。
深くご哀悼の意を表します。

最後に

今回は家族葬にも利用できる弔電の書き方や注意点・マナーについて解説しました。
弔電の費用についてはこちらの記事をご参考にしてください。

家族葬ができる貝塚市でおすすめの葬儀場

お葬式のご相談はパドマホールまで

大阪府和泉市、貝塚市、和泉中央でお葬式を予定されているのであれば一度パドマホールへご相談ください。葬儀に関する疑問や希望に沿った葬儀プランの提案など、葬儀に関するサポートも行っています。

よく読まれている記事