葬儀のみかた

突然の訃報で葬儀に参列!忘れてはいけない葬儀に必要な持ち物や服装をチェック

突然の時こそ確認を!葬儀の服装や持ち物マナーについて
葬儀のお知らせは突然訪れます。
故人とのおつきあいが深かった人にとっては突然の知らせを受け、悲しみや動揺を抱えつつ急いで葬儀会場に向かう事もあるかもしれません。
ただ、急なことで葬儀に向かう準備をする際、慌ててしまい葬儀の参列に必要な忘れ物をしてしまいがちです。
葬儀会場で忘れ物に気づき慌てたり遺族の方々にご迷惑をかけないように、この記事では準備しておきたい持ち物や服装について解説していきます。
こちらの記事で学べること

葬儀に必要となる持ち物とは? 

葬儀会場についてから忘れ物をしたと気づいた場合、ご遺族に迷惑がかかってしまう可能性もあります。
葬儀に向かう前に事前に必要となる持ち物をチェックしておくといざという時に慌てないですみます。
葬儀用のバッグに香典袋、袱紗、数珠はセットにして入れておくと良いです。
葬儀の際に必要となる持ち物をチェックしていきましょう。

香典

葬儀に向かう際に一番重要ともなりますので、まずは香典の準備をしておきましょう。
香典袋の表書きや中袋に記載を行います。
中に入れるお金に関しては、新札を避けてください。
新札の場合は、二つに折りたたんだものを使用し、旧札を使う場合は、失礼にあたらないよう、損傷の少ないお札を準備してください。
お通夜と葬儀、両方とも参列する予定の場合は、お通夜の時にお渡しするのが一般的です。
ただし、葬儀の案内時に香典は不要という記載があることも多いので念のために確認しておきましょう。

袱紗 (ふくさ)

香典袋はそのまま持って行かずに袱紗に包んで持っていきます。
袱紗の色が色々とありますが、不祝儀なので、紫、灰色、緑といった落ち着いた色を使用してください。
紫の袱紗は不祝儀用・慶事用どちらにも使えます。
袱紗を準備する際に色に困ったら紫を選ぶと良いでしょう。
袱紗にも種類があり、金封袱紗、台つき袱紗、ポケット袱紗などがありますが、どれを使っても問題はありません。

数珠 (じゅず)

葬儀に向かう際にお香典よりも忘れてしまう事が多いのが数珠(じゅず)です。
宗派によって持つ数珠の種類は異なってきますが、葬儀の場合は特に決まりはありません。
他にも数珠は忘れてしまう事も多いので、普段から使わない時はバッグ、もしくはポケットに入れるといった具合に場所を決めてしまうようにしたほうが良いでしょう。
キリスト教の葬儀の場合、数珠は必要ありません。

ハンカチ

葬儀の際に何かと必要になるのがハンカチです。
葬儀の際に持参するハンカチは明るい色は避けた方が良いです。
葬儀用として白、黒、グレーといった落ち着いた色合いのハンカチを準備しておくと良いでしょう。

財布

葬儀用のハンドバッグは小さめのサイズなので、大きいサイズの財布が入らないことがあります。
葬儀用に小さ目の財布を準備しておくと便利です。
財布の中は最低限の現金やカードを入れる程度で持ち歩くようにします。

サブのバッグを持っていく場合

葬儀の際は持ち物が最小限になってしまいます。
男性であればポケットに持ち物を入れる、女性も小さなバッグがあるものの、持ち物が入りきらないという事も出てくるのです。
サブバッグを持っていく場合は、殺生を思わせる革製のは避け、光沢のない布製の黒いサブバッグを準備しておくと良いでしょう。
明るい色、派手な柄はマナー違反となりますので、光沢のない黒いバッグを葬儀用で持っておくと良いでしょう。

葬儀の服装に関して覚えておきたいマナー

葬儀の際に香典や袱紗、数珠は必須ですが、服装の重要です。
突然の葬儀でも対応できるようにポイントを押さえておきましょう、

立場や状況にあわせた喪服を選ぶ

喪服は正式礼装・準礼装・略礼装があり、状況に合わせて着るのに適している喪服があります。
正式礼装は遺族や親族が着る服になります。
以前、遺族の女性は和装でしたが、ここ最近では洋装になりつつあります。
一般的な葬儀に参列する際に着るのが準礼装です。
これは格式が関係しており、遺族や親族よりも格を下げた喪服を着用するという意味合いがあります。
略礼装は黒いスーツ、ワンピースなど喪服ではない黒の服装を指します。
葬儀には適していないですが、お通夜の際は急いで駆け付けたという意味も含め略礼装で参列しても問題ないとされています。
喪服に合わせる靴も男女共に黒の光沢のない靴を選ぶようにしてください。

突然のことで喪服が準備できない場合は、喪服レンタルを利用しましょう。

急遽喪服が必要になった時はレンタルを利用!喪服レンタルについて解説

葬儀の際のアクセサリー関連について意識しておきたい事

服装のマナーはある程度ポイントを理解できたものの、アクセサリー関連はどうなのだろう?と思う事も出てきます。
アクセサリー関連のマナーについてポイントをおさえておきましょう。

時計

今では時間を確認する際にスマートフォンを利用しているという人も多いと思います。
ただ、葬儀の場合はスマートフォンの使用は適していない場面も出てきます。
時間の確認を行う時は腕時計を利用した方が良いでしょう。
カラフルな色合いだと葬儀の場には合っていないので、黒ベースやグレー、白などの落ち着いた色合いの腕時計を選ぶと良いです。
カラフルで明るい色の腕時計しかない場合はしていかない方が良いでしょう。

ネックレスに関して

葬儀の際によく見かけるのが真珠のネックレスです。
真珠自体が「人魚の涙」と呼ばれており、葬儀の場にはふさわしいネックレスとなります。
ただ、つけ方によっては避けた方が良い場合もあります。
・大きいサイズの真珠
・長い真珠のネックレスをする
・2連のネックレスをする
・3連のネックレスをする
通常のサイズよりも大きいサイズ、そして長いサイズのものは葬儀の場にふさわしくありません。
また、2連、3連のものはマナー違反です。
連なっているものは「不幸が続く」といったイメージにもつながってしまいます。

イヤリングやピアス

基本、葬儀の際はイヤリングやピアスはつけない方が良いです。
もしつける場合は、ネックレスとあわせて真珠が一粒だけついているシンプルなデザインを選びましょう。
真珠以外でも黒やグレーで光沢が少ないものが適しています。
目立たない程度にしたほうが良いので、1cm以上の大きなサイズは控えるようにしてください。

指輪

指輪はシンプルなデザインの結婚指輪程度であれば問題ないとされていますが、目立たせない方が良いです。
ゴールドやダイヤモンドがついている指輪は反射して見立ちやすいので外していった方が良いです。
もし指輪をする場合は、真珠がついた指輪や光沢がないシンプルなデザインを選びましょう。

ヘアアクセサリーはどの程度まで良いのか

髪が長い人は黒のゴムで低い位置でまとめる方が印象は良くなります。
髪をまとめて参列した方がお焼香の際も行いやすいです。
ヘアアクセサリーを使う場合は、光沢のない黒色を選び大きくならないようにします。
サイズが大きいリボンや飾りがついているものは目立つので避けてください。

ベルト

葬儀の際にベルトを忘れてしまうという人も多いです。
ベルトを選ぶ際は、黒色で無地のものを選びます。
バックル部分もなるべく光沢が少ないものにしてください。

ストッキング

女性の場合、黒のストッキングをはきますが、葬儀の際に適しているストッキングの厚さは20デニール位となり、破けやすく伝線しやすいです。
葬儀の際は念のため予備のストッキングを持って行った方が良いでしょう。
予備を持って行った方が破れた際もすぐに対処できるようになります。

他にも持っていくと役に立つもの

上記以外にも、今からご紹介する持ち物を用意することで、お葬式に参列する際に心地よく過ごし、故人やその家族に対する敬意を示すことができます。
しかし、何よりも大切なのは、葬儀に参加すること自体が、故人やその家族にとっての支えとなることを心に留めておきましょう。

天候にあわせた持ち物について

葬儀が行われる天候が不安定な場合、傘を持参して雨や日差しから保護しましょう。
他の参列者にも傘を貸すことができると、協力的な印象を与えます。
また、防寒着、扇子を持っていく場合もあります。
いずれも黒やグレーなどの落ち着いた色を選び無地のシンプルなものを選びましょう。

エプロン

葬儀の際の対応で人手が足りなくなり手伝いをする事があるかもしれません。
念のため黒や白のエプロンを持って行っておくといざという時に対応しやすくなります。

コンパクトな化粧品/整髪料

外見を整えるために、コンパクトな化粧品や整髪料を持参しましょう。
葬儀中に鏡がない場合も多いため、手間をかけずに身だしなみを整えることができます。

必要な医療品

健康上の理由で特定の医療品(例: 高血圧薬、持病の薬など)が必要な場合、それらを忘れずに持っていきましょう。
万一のことを考えて、念のために予備の薬も用意しておくと安心です。

お葬式のご相談はパドマホールまで

大阪府和泉市、貝塚市、和泉中央でお葬式を予定されているのであれば一度パドマホールへご相談ください。葬儀に関する疑問や希望に沿った葬儀プランの提案など、葬儀に関するサポートも行っています。

よく読まれている記事