葬儀のみかた

子供をお葬式に連れて行く際の葬儀マナーと持ち物 年齢別の葬儀の服装をご紹介

知っておこう!子供を連れて行く際の葬儀マナーと服装
葬式は故人を偲ぶための厳粛な場であり、その場に参列することは遺族や友人に対する最大の敬意となります。
その中で、子供を連れて行く際には特別なマナーや服装に気を配ることが求められます。
子供にとっては初めての経験かもしれませんが、この場における適切な振る舞いや服装について理解しておくことは、将来の社会性や敬意の意味を学ぶ大切な機会です。

この記事では、子供を連れて行くお葬式におけるマナーや服装について詳しくご説明いたします。
大切な場でありながらも、子供とともに心静かに過ごす方法を学びましょう。
こちらの記事で学べること

子供にお葬式について事前に説明する

子供にお葬式について事前に説明する

子供をお葬式に連れて行く際には、特にマナーを守ることが重要です。
子供たちにも場の雰囲気や意義を理解させながら、静かで適切な態度を保つよう心がけましょう。

事前の説明と心構え

子供たちにお葬式の意味や雰囲気を説明することが大切です。
できるだけ簡単に故人を偲ぶ場であることや静かに過ごすことの重要性を伝えましょう。
感情や疑問が湧いてくるかもしれませんが、子供たちの疑問にも丁寧に答えてあげることが大切です。

 静かな態度の保持

お葬式は静粛な場であり、大人も含めて皆が落ち着いて過ごす必要があります。
子供たちにも騒がないように静かな態度を保つよう伝えましょう。
また、泣いたり、騒いだりしないように気を付けることが大切です。
子供たちが感情を表現する際には、受け入れる姿勢を示し、理解を示してあげることが良いでしょう。

礼儀正しい振る舞い

子供たちに礼儀正しい振る舞いを身につけさせることも大切です。
適切なタイミングでご遺族にお悔やみの言葉を述べる練習をしておくと良いでしょう。
また、他の参列者への挨拶や目配りも忘れずに行いましょう。
子供たちにとって、これらの行動は社会性を育む良い機会となります。

感情の表現と受け入れ

子供たちは感情を自然に表現するものです。
お葬式でも、喜びや悲しみなどの感情を抑え込ませるのではなく、自然な形で受け入れるようにしましょう。
子供たちが感情を抱えることに対して理解を示し、一緒に共有することで、故人を偲ぶプロセスが深まることでしょう。

お葬式は子供たちにとっても尊重すべき場であり、子供たちの理解と協力が求められる瞬間です。

子供と一緒にお通夜・葬儀に参列する際のマナーを確認

子供と一緒にお通夜・葬儀に参列する際のマナーを確認

子供と一緒に葬儀に参列する際に覚えておきたいマナーをご紹介いたします。

途中で席を外すのも状況に合わせて

子どもがぐずった時のために出口に近い席に座らせてもらうようにすると対応しやすくなります。
子供が泣いてしまった際にやむを得ず席を外したとしてもマナー違反にはなりません。
席を外す際は一旦頭を下げ、席を外すようにします。

記帳は両親が代筆で

芳名帳への記帳は参列者全員が行うものですが、お子さんの場合、記帳は難しいと思います。
その場合はご両親が代筆を行うという対応で記帳を行いましょう。

子供の分のお香典について

子供の分のお香典は、親と一緒の香典に合わせて入れて構いません。
表書きは親の名前のみで問題なく、子供の名前の記載は省いても大丈夫です。
葬儀の後に精進落としの料理をいただく場合は、子供の料理分を含めたお香典をお渡しするようにしてください。
子供がまだ赤ちゃんで料理が不要という場合は必要ありません。
食事代の額がわからない場合、1人当たり5,000円前後を目安として考えると良いでしょう。

お焼香について

お子さんが小学生である程度意味を理解してもらえる年齢であれば、お焼香のやり方を教えてやってもらう事が出来ると思います。
お焼香の意味や作法について教えておくと良いかもしれません。
まだ、お焼香のやり方について不安がある場合は、親がお焼香をしている隣で一緒に合掌してもらう形で行うと良いでしょう。

子供のお葬式の服装について

子供をお葬式に連れて行く際の服装は、敬意を表すために慎重に選ぶ必要があります。
控えめで清潔感のある服装を選ぶことで、場にふさわしい外見を保つことができます。
以下では、子供の服装選びのポイントをご紹介します。

控えめな色調の選択

一般的に、お葬式では黒や濃い色調の服装が適切とされます。
子供の服装でも、できるだけ控えめな色合いを選ぶよう心がけましょう。
淡い色や派手な柄の服装は避け、落ち着いたトーンの服を選びます。

シンプルで清潔感のある服装

子供の服装は、シンプルで清潔感のあるものを選ぶことが重要です。
過度な装飾や派手なデザインは避け、無駄のないシンプルなデザインの服を選びましょう。
清潔感があり、堅苦しくない服装がおすすめです。

靴やアクセサリーの選び方

服装と同様に、靴やアクセサリーも控えめで適切なものを選びます。
子供の靴も、清潔感があり、場にふさわしいものを選ぶよう心がけましょう。
アクセサリーはシンプルなものを選び、過度に派手なものは避けることが望ましいです。

年齢や性別に合わせた服装の選び方

子供の年齢や性別によっても服装選びは異なります。
幼い子供の場合は、かわいらしいドレスやシャツとパンツの組み合わせが適しています。
年長の子供は、シンプルなスーツやドレスが良いでしょう。性別による区別はもちろんありますが、子供の個性に合った服装を選ぶことも大切です。

赤ちゃんと一緒に葬儀に参列する場合

赤ちゃんの服装は落ち着いた色合いで選び、多少柄が入っていたとしても目立たない範囲であれば問題ありません。
靴下は履かせるようにして下さい。

幼稚園生・保育園生・小学生

もし、制服がある場合は、制服自体が正式な礼服に当たる格になるので、制服を選ぶと無難です。
制服の中で目立つ色のネクタイやリボンがある場合は、葬儀の際は外します。
もし制服が明るめのカラーであったとしても、礼服に当たるので問題ありません、
制服がない場合は、男子の場合、白のシャツの上にベストかブレザーを着ます。
後はズボンを合わせてください。
女子の場合は、ワンピース、もしくは白シャツとスカートかジャンパースカート、後は気温に合わせてカーディガンやブレザー等で調整するようにします。
革靴がない場合は黒や白のスニーカーでも問題ありません。
サンダルやローラーシューズはマナー違反にあたりますので避けてください。

中学生・高校生の子供が葬儀に参列する時の服装

学校の制服がある場合は、正式な礼服となるので制服を着ます。
こちらも目立つ色のリボンやネクタイがある場合は外してください。
制服以外の服装の場合、落ち着いた色合いの服装を心がけます。
襟付きのシャツを着てズボンかスカートを合わせる。
後は季節に合わせてベストやジャケットを着るといった服装が一般的です。
アクセサリーはつけないようにします。

小さい子供を葬儀に連れて行く時にあると便利な持ち物

子供と一緒にお通夜・葬儀に参列する際のマナーを確認

小さいお子さんも一緒に葬儀に連れて行く場合、以下の持ち物を持っていくといざという時に対応しやすくなります。
葬儀に出かける前にチェックしてみてください。

エプロン・予備の着替え・よだれかけ

食べこぼしがある、お漏らししてしまうといった事も考えられるので、これらの対応が出来るように持っていくと慌てなくて済みます。

特にエプロンはあった方が良いです。
着替えがたくさんあるようであれば問題ないのですが、葬儀用の服装はあまり数を持っていないと思います。
特にお通夜、告別式と続くので、同じ服を着るという点ではなるべく服を汚さないようにしたいものです。
エプロンがあると服を汚さずに済むので、ダークカラーのエプロンは1つ持っておくと便利です。

おもちゃ・絵本・おやつ

親は、式や遺族とのご挨拶など忙しくなることがあるので、お子さんが退屈に感じないようにおやつや絵本を持っていくと便利です。

赤ちゃんの場合は抱っこ紐や授乳瓶なども忘れないようにしましょう。

子供がお葬式で退屈しない工夫

お葬式は静かな場であり、子供たちが長時間座っていることは難しいかもしれません。しかし、退屈せずに過ごすための工夫をしておくことで、子供たちも場に適切に参加できるでしょう。

静かな遊び道具の持参

お葬式中に子供たちが静かに遊べるおもちゃやタブレットなど持参することがおすすめです。
また、パズルや色鉛筆と紙、読み物などを用意しておくと、子供たちは退屈せずに楽しむことができます。

専用のスペースの利用

場所によっては、子供たちのために専用のスペースが設けられていることがあります。
これらのスペースでは、子供たちが遊んだり読書をしたりすることができるため、静かに過ごすことができます。
お葬式場に尋ねてみて、このようなスペースがあるかどうかを確認してみましょう。

休憩の取り方

長時間座っていることは子供たちにとって難しいことかもしれません。
適宜、休憩を取る時間を作ってあげることも大切です。
子供たちが少し歩いたり、ストレッチをしたりすることで、気分転換ができます。

保護者の関与とサポート

子供たちがお葬式中に退屈しないよう、保護者の関与が重要です。
子供たちが遊ぶおもちゃを提供したり、一緒にアクティビティを楽しんだりすることで、子供たちはより快適に過ごすことができます。

子供たちのために退屈しないような工夫をすることで、お葬式に参列する全ての人々が故人を偲ぶ時間を静かに過ごすことができるでしょう。次に、他の参列者への配慮について考えてみましょう。

葬儀参列者への配慮

子供を連れて行くお葬式では、他の参列者への配慮も重要です。静かな雰囲気を乱さず、周囲の人々と共に故人を偲ぶ場を大切にしましょう。

軽装の子供に対する理解と説明

子供の服装が正装よりも軽い場合でも、周囲の人々に理解を求める姿勢が大切です。
事前に子供たちの服装が控えめであることを説明すると、他の参列者も理解してくれることでしょう。
ただし、できるだけ控えめな服装を選ぶよう心がけましょう。

騒音の配慮と対処

子供たちが騒いだり泣いたりすることは、お葬式の雰囲気を乱す可能性があります。
そのため、子供たちが静かに過ごすように心がけることが大切です。
もし子供たちが騒いでしまった場合には、静かに対処し、適切な場所に移動して子供たちの落ち着きを取り戻すよう努めましょう。

他の参列者への挨拶と配慮

お葬式に参列する人々は、故人を敬意をもって偲ぶために集まっています。
子供を連れて行く場合でも、他の参列者への挨拶や目配りを忘れないようにしましょう。
礼儀正しい態度を保ち、他の人々の感情や気持ちに対する敬意を示すことが大切です。

保護者の対応と監督

子供たちが他の参列者に影響を及ぼすことがないよう、保護者は子供たちを適切に監督し、必要な対応をすることが求められます。子供たちが落ち着いて静かに過ごせるよう、保護者が率先して配慮することが大切です。

他の参列者への配慮を忘れずに、お葬式に適切な形で参加することが大切です。

まとめ

子供を連れて行くお葬式は、故人を偲び、感情を整理するための重要な場です。
子供たちにとっても、この場において適切なマナーや服装を守ることは、敬意や社会性を学ぶ貴重な機会となります。以下のポイントを振り返りながら、子供を連れて行くお葬式の準備に臨んでみましょう。

お葬式は故人への最後の敬意を示す場であり、子供たちにとっても教育的な経験となります。子供たちに適切なマナーや尊重の意味を伝えながら、心静かにお葬式に参列することを大切にしましょう。

お葬式のご相談はパドマホールまで

大阪府和泉市、貝塚市、和泉中央でお葬式を予定されているのであれば一度パドマホールへご相談ください。葬儀に関する疑問や希望に沿った葬儀プランの提案など、葬儀に関するサポートも行っています。

よく読まれている記事