新着情報

パドマホールが執り行う【家族葬】とは。

2020.09.17

最近は、家族葬で葬儀をされる方が増えてきています。

家族葬とはどういうもので、流れや費用など一般葬とどのように違うのかを詳しく説明します。

 

家族葬とは?

家族葬とは、家族や親族など少人数で行う葬儀のことです。特に詳しく定義されていないので、親しい友人を呼ぶことも可能です。

一般的には、会社関係や近所の方などの参列はお断りしている場合が多く、結婚式のように参加してほしい方だけに連絡をするという感覚です

多くの弔問客が参加する一般葬とは違い、家族や仲の良い友人など少人数で思い出を語り合いながら、ゆっくり過ごすことができます。

 

ちなみに密葬とよく間違われることがあります。

密葬は、家族だけで葬儀を行い火葬した後に、後日あらためてお別れ会や社葬などを執り行います。

 

家族だけで葬儀を行うところまでは同じですが、家族葬はその後改めて多くの参列者を呼んでのお別れ会を行うということはありません。あくまで家族で静かに見送るというスタンスです。

家族葬はどういう方におすすめ?

 

家族葬は、

・故人様とゆっくりお別れがしたい方

・参列者が少ないと思われるので、葬儀の規模を小さくしたい方

・故人の望む葬儀スタイルで行いたい方

 

におすすめです。

一般葬では急なお別れで心の整理がつかないまま、葬儀の準備や参列者の対応などに追われ、故人様とゆっくりお別れすることができないと思います。

家族葬は、参列者へのおもてなしや挨拶などを減らすので、遺族の精神的・身体的な負担を軽減でき、家族や親しい友人と故人様との思い出をゆっくり語りながらお別れすることができます。

故人様が高齢で、仕事を辞めてから人付き合いが少なかったり、友人知人も高齢で参列が難しかったりする場合もあります。

このような場合も葬儀の規模を小さくし、家族など親しい人で送ることができます。

また、伝統的な葬儀スタイルにこだわらず、自由に葬儀を行うことができます。

 

故人が好きだった音楽を流したり、故人が趣味で作った作品や花などを展示したり自由度の高い葬儀を行うことができます。

 

家族葬のデメリットになる場合

家族葬のデメリットは、

・参列者が少ないので、香典が少なくなる

・参列者が通夜や葬儀に訪れる場合がある

・家族葬を理解されにくく、参列できなかった方とトラブルになる場合がある

ことです。

 

参列者がいないため、香典が少なくなり、その分を葬儀費用に当てることができません。

そのため、一般葬より葬儀費用の負担分が多くなる可能性があります。

 

「生前お世話になったのでどうしても葬儀に参列したい」と参列に来られる方もいらっしゃいます。

そのような場合、香典返しや食事の対応などを慌てて準備するということもあります。

 

家族葬は、まだ理解されにくい場合があります。

「葬儀は大勢で見送るもので、少人数だと故人がかわいそう」

「家族葬だと、参列したくてもできない人がいるのはどうなのか」

 

という価値観を持っている方が多いようです。

 

また「〇〇さんはなぜよばれていないんだ」や「〇〇さんは呼ばれて、なぜ私は呼ばれていないんだ」というトラブルが起きる可能性もあります。

 

葬儀の連絡する際に、家族だけで静かに見送りたいなどの旨をきちんと説明しておくと、トラブルになりにくくなります。

 

家族葬の流れ

家族葬の流れは一般葬と同じで、通夜と葬儀・告別式という流れになります。

ご逝去後、葬儀社に連絡し、病院から死亡診断書を受け取ります。

 

遺体の安置場所を決め、葬儀社に搬送を依頼します。

そして役所に死亡届を出しましょう。

 

 葬儀の打合せの前に確認することは、

 

・遠方に住んでいる親族に連絡する

・宗教、宗派、菩提寺を確認する

・喪主を決めておく

・遺影を用意しておく

 

親戚などが遠くに住んでいる場合は、到着する日時で日程を決めるので、早めに連絡しましょう。

また宗教や宗派によって、葬儀の形態が大きく変わります。

 

同じ宗教でも、宗派によって作法が変わってくるので確認を取りましょう。

菩提寺が無いと納骨できない可能性があるので、菩提寺も確認する必要があります。

 

喪主は、基本的に配偶者や血縁的に一番近い方となります。遺影は、故人様の人柄が分かるような写真にしましょう。

 

納棺の前に、棺にお供えする副葬品を集めておきましょう。

副葬品は、故人が好きだった物や手紙、洋服などを納めます。

 

金属類(眼鏡、腕時計、指輪など)や革製品、ビニール製品など、燃えにくいものは入れないようにしましょう。

 

葬儀社と、

 

・日程や式場

・参列者数に合わせた返礼品、食事

・祭壇、棺、供物、供花などの手配

 

の手配を打合せします。

詳細が決まれば御葬儀に来ていただく方々に連絡しましょう。

 

通夜の前に、故人様の体をきれいにする湯灌をしお気に入りの服装に着替え、納棺します。

思い出の品である副葬品も棺に納めます。

 

通夜の流れは、

 

受付

着席

僧侶入場

読経

焼香

僧侶退場

通夜ぶるまい

 

となります。

 

葬儀・告別式の流れは、

 

受付

着席

僧侶入場

読経

弔辞・弔電の紹介

焼香

僧侶退場

喪主の挨拶

最後のお別れ(花を御棺に入れる)

火葬場へ出棺

精進揚げ(食事)

火葬・骨上げ

 

となります。

 

家族葬の費用

家族葬の費用は、参列者の人数や規模、地域、宗教などによって異なります。

家族葬は参列者が少ない分、返礼品や料理などの負担が減ります。

 

しかしその分香典が入ってこないため、トータルで見ると、一般葬と変わらない場合があります。

また家族葬のプランも内容をきちんと確認しておく必要があります。

 

葬儀社によっては、手頃な価格のプランを用意しています。安いプランですと、本当に基本的なものだけで別にオプションが付き、結局高くなってしまったということもあります。

 

パドマホールでは、料金形態などきちんと明瞭化してお伝えするとともに、お客様の希望に添いながら一緒に葬儀を作り上げるようお手伝いいたします。

 

またパドマホール会員ですと、通常よりもお安くすることもできます。

 

泉州地域では御香典返しをするにも、住所や連絡先が分からないことが多く大変なので御香典を辞退されることが多くありました。

ところが家族葬が主流になり参列者は親族とよく知っている方々なので、参列者も“何もしない”わけにはいかない、というふうになってきました。

こんな場合には、もともとは助け合いの意味がある「御香典」なので、故人様と参列者とのお付き合いに感謝し柔軟な対応が望ましいでしょう。

 

家族葬のマナー

訃報を知って、遺族から「家族葬にて執り行います」と連絡があった場合は、弔問や香典は遠慮しましょう。

基本的に、参列してくださいと言われていない限り、参列しないのがマナーです。

 

生前お世話になったのでどうしても参列したい場合もあると思います。

連絡があった際、「参列をお断りします」や「遠慮します」と言われていない場合は、遺族に参列したい旨を問い合わせてみると良いでしょう。

 

香典についても、「香典・供花の儀は固くお断りいたします」と連絡があった場合は、香典・供花ともに遠慮しましょう。

 

家族葬に参列する際の服装は、基本的には準喪服となります。

 

男性の場合は、ブラックスーツに白無地のシャツ、黒のネクタイです。

靴下や靴、ベルトも黒に統一しましょう。

 

女性の場合は、ブラックフォーマルのアンサンブルやワンピース、スーツになります。

 

ストッキングやバッグ、靴も黒になります。

 

基本的に3回忌までは、準喪服を着ることがマナーです。

 

家族葬なので、「平服でお越しください」と記載されていた場合は、略喪服で参列しましょう。

 

略喪服は、黒以外にも紺やダークグレーなど地味な色であれば問題ありません。

 

柄のないシンプルなものを選びましょう。

お葬式のマナー

 

式場を選ぶポイント

 

式場を選ぶポイントとしては、式場が家族葬に対応しているかと、故人様とゆっくりすごせる空間があるかという点です。

 

故人様との最期を家族水入らずでゆっくり過ごしたいと考えておられると思います。

 

パドマホールでは、3つの式場がありどれも家族葬専用ホールや食事室、故人様を安置できる控室があります。

 

控室には、お風呂・トイレなど宿泊環境が整っています。

 

葛の葉町の南館「プライベートルーム」はマンションの一室を広くしたような感覚で、20名様の広さがあり故人様と御親族だけでゆっくり過ごすことができます。

 

パドマホールは、今まで頑張ってこられた故人様に、ご家族がありがとうの気持ちを伝える葬儀になるようお手伝いします。

 

真心をもって寄り添いながら、いい葬儀になるようサポートいたします。

パドマホール式場のご案内

 

最後に

家族葬は、一般葬のような多くの参列者を呼ぶのではなく、家族や親しい友人など少人数で行う葬儀です。

 

参列者への気遣いなどが無いため、

 

・故人様との最期をゆっくりと過ごすことができる

・故人の遺志を反映した葬儀を行いやすい

・遺族の精神的、身体的な負担を減らすことができる

 

という特徴があります。

 

葬儀の流れなどは、一般葬と変わりません。

 

パドマホールでは、どの式場も家族葬に対応しております。

故人様を安置できる控室や宿泊設備も整っているので、故人様と最期の夜を一緒に過ごすことができ、

最期の時間を温かい気持ち過ごすことの出来る葬儀になるようお手伝いいたします。

お問い合わせ

総合会館パドマホール

〒594-0081 大阪府和泉市葛の葉町3-4-21

見積依頼やご質問等、お気軽にお問い合わせください。

24時間対応しています

0120-444-142

見積依頼やご質問等、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちらから