新着情報

葬祭費給付金制度の活用について

2020.06.01

 

 

お葬式は故人様を送り出す大切な行事(セレモニー)ですが、お葬式を執り行うとどうしてもそれなりのお金がかかります。

突然の不幸でお葬式を執り行うことになったけど、急なお葬式だったので資金が足りずに困っている、お葬式の費用の見積もりを出したけど、思ったよりもお葬式の費用が高かった。

お葬式を開いたこと(喪主を務めた事があれば)がある方であれば、このような経験をしたことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そんなお葬式費用の負担を軽減するために、各自治体から「葬祭費給付金制度」という給付金を受けとることが可能です。

今回の記事では、葬祭費給付金制度についてどのような制度なのかの解説と、大阪府和泉市においての申請方法をお伝えさせて頂きます。

 

葬祭費給付金制度とは?

 

葬祭費給付金制度とは、葬祭補助費用として葬儀終了後に故人様の遺族が申請することで支給される制度です。

葬儀にかかる遺族の葬祭費用の負担軽減を目的に、各市区町村の保険年金課や勤務先の保健協会などへ申請することによって給付金が支給されます。

葬祭費給付金制度についてお住まいの各市区町村ごとや、加入している健康保険の種類によって制度内容が違います。まずは健康保険や共済組合の種類ごとに支給される給付金について紹介させて頂きます。

 

国民健康保険に加入している場合

 

まず1つ目に解説をさせて頂くのが、各市区町村が運営している国民健康保険に加入している場合です。

 

給付金額:5万円

申請期間:故人様の死亡日から2年間

給付対象:葬儀をした方(喪主)

給付条件:故人様が国民健康保険の被保険者であること

 

故人様が国民健康保険の被保険者である場合に、支給される葬祭費給付金の概要は上記の通りです。

国民健康保険の被保険者で給付金を申請する際は、お住まいの市区町村の役所にある保険年金課に申請や問い合わせをすることができます。

給付金の金額や給付金の詳細については、各市区町村によって異なるので詳しくは、住民票のあるお住まいの市区町村へ問い合わせをすることがおすすめです。

 

 

健康保険に加入している場合

 

健康保険とは国民健康保険とは別の保険で属している会社や事業で保険に加入している場合の、社会保険とも呼ばれることの多い保険の一種です。

お勤め中の会社員であれば、国民健康保険ではなくこちらの健康保険に加入しているケースが多いのではないでしょうか。

 

給付金額:最大5万円の実費精算

申請期間:故人様の死亡日から2年間

給付対象:葬儀をした方(喪主)

給付条件:故人様が健康保険の被保険者であること

 

故人様が健康保険の被保険者であれば、上記の概要と条件で給付金が支給されます。

各健康保険協会によって内容が若干異なる場合がありますが、国民健康保険の給付金とは異なり、給付金は定額給付ではなく実費精算になる場合があるので注意が必要です。

市区町村の保険年金課からではなく加入している健康保険協会より申請を行うので、申請する際はまずは勤務先に問い合わせるようにしましょう。

 

国家公務員共済組合の組合員である場合

 

共済組合に加入している場合は、各種健康保険に加入している場合と処遇が異なります。

加入している各共済組合によって、給付金の額や申請方法など全てが変わってきますので、共済組合の組合員である場合は、まずは加入している各共済組合に問い合わせをしましょう。

 

大阪府和泉市で申請する場合はどうしたら良いのか?

 

葬祭費給付金制度は各市区町村によって給付金の制度や、概要・条件が異なるということを解説させて頂きましたが、大阪府和泉市の場合ではどのような制度となっているのでしょうか。

大阪府和泉市での葬祭費給付金制度の概要と、支給まで葬祭費給付金制度の申請方法を解説させて頂きます。

 

大阪府和泉市の葬祭費給付金制度

 

大阪府和泉市の葬祭費給付金制度は、「葬祭費」という名称で和泉市より支給されます。

給付条件は先ほどの葬祭費給付金制度の解説と同じですが、和泉市では申請者が受け取ることができる給付金は一律「5万円」で決まっています。

勤務先の健康保険や共済組合に加入している場合は、それぞれ条件が異なり和泉市からの支給ではなく、各健康保険協会や共済組合からの給付金支給です。

あくまでも、和泉市から給付金が支給されるのは、国民健康保険の被保険者の場合のみなので注意が必要です。

 

・申請に必要なもの

 

故人様の被保険者証

印鑑

喪主確認ができるもの(火葬許可証、会葬礼状など)

喪主名義の銀行口座番号

代理人の場合は上記に加え、喪主からの委任状、代理人の本人確認できるもの(運転免許証・パスポート等)、代理人の印鑑

 

大阪府和泉市で葬祭費給付金を受け取るために、必要なものは上記の通りです。

故人様の被保険者証が必要になることと、喪主確認はできる火葬許可証などが必要になるので申請の際はこれらの書類を忘れずに準備しましょう。

また、代理人申請をする場合は喪主からの委任状と、代理人の方ご本人名義の本人確認書類、代理人の印鑑が必要になるので代理人申請を行う場合は注意が必要です。

喪主の方が高齢である時や、本人からの申請ができない状態にある時は代理人申請手続きが必要になるので、代理人申請方法をチェックしておきましょう。

 

・申請場所

 

和泉市で葬祭費を申請するには、上記の必要なものを用意した上で申請場所に持参する必要があります。

申請場所はあらかじめ決まっているので、和泉市で給付金を申請する際には場所を事前に確認しておくようにしましょう。

和泉市で葬祭費給付金の申請ができる場所は、以下の2か所で給付金の申請をすることができます。

 

和泉市役所保険年金室:午前9時~午後5時15分

和泉シティプラザ出張所(和泉中央):午前9時~午後5時15分

 

和泉市で葬祭費給付金の申請が出来る場所は、上記の2か所で給付金の申請をすることができます。

それぞれの申請場所によって、定休日や対応方法が異なる可能性があるので注意が必要です。

 

パドマホールでは手続きをサポートできます

 

葬儀前後に外せない用事、あり手続きをする時間がない、給付金の申請書類を集めたりわざわざ申請に行くのは手間がかかって面倒、そんなお悩みを抱えている方も多いのではないでしょうか。

そんな時に、パドマホールの会員であれば面倒な給付金の手続きを、パドマホールのアドバイザーがサポートをします。

もし、パドマ会員の方で給付金の申請が面倒であれば、給付金の申請をパドマホールが代理で行うことも可能です。

その他にも、パドマホールはアフターサービス事業部を設けており、専任のアドバイザーがお客様のサポートをさせていただきます。葬儀から葬儀後までパドマ会員であればサポートを受けることができます。

お問い合わせ

総合会館パドマホール

〒594-0081 大阪府和泉市葛の葉町3-4-21

見積依頼やご質問等、お気軽にお問い合わせください。

24時間対応しています

0120-444-142

見積依頼やご質問等、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちらから